赤潮被害

対策に1億1900万円計上 松浦市議会定例会開会 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 松浦市議会9月定例会が8日開会し、市は総額8億9168万円の一般会計補正予算案など27議案を提出した。予算案には、伊万里湾で発生した赤潮被害の対策費約1億1900万円を盛り込んだ。養殖中に死んだトラフグやタイなどの代替魚購入費の補助に充てる。

 市水産課によると、赤潮は終息に向かっているが、8月31日現在で養殖魚約52万匹が死…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

注目の特集