メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

山尾氏離党 早期幕引き図る くすぶる執行部批判

 民進党は8日の常任幹事会で、既婚男性との交際を週刊文春が報じたことを受けて山尾志桜里元政調会長(43)が提出した離党届を受理した。衆院3補選や秋の臨時国会への影響を抑え、早期の幕引きを図る狙い。だが前原体制が発足直後からつまずいたことで党内の混迷は拡大しており、再び離党者が相次ぐ懸念も出ている。

 前原誠司代表は記者団に「優秀な議員と思っていただけに極めて残念。私自身も含めて話を聞き、最終的に山尾氏本人が(離党…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです