メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年半

避難指示解除半年(その2止) 生業再生へ、新たなる決意

「ヘアーカット髪優」の吉田ミサ子さんは「人が帰っていないのだから、仕方ない。長い目でみよう」と考えるようにしている=福島県浪江町酒田で8月30日、小出洋平撮影

散髪客の笑顔、もっと

 赤、青、白のサインポールを回しても、人影まばらな通り沿いでは、気付かれないことも多い。店の前は砂煙を上げる復興作業のトラックばかりが目立つ。

 「軌道に乗るかなと思ったけど、そうはいかない。もう年だから忙しくない方がいいでしょ」。8月の最後の週は、予約ゼロで始まった。浪江町酒田の「ヘアーカット髪優(かみゆう)」で店主の吉田ミサ子さん(69)は朝からタオルで鏡を拭き、開店準備をしていた。淡々としたそぶりながらも、予約の電話が鳴ると「気合が入るな」と表情が晴れた。

 避難指示が解除されて間もない4月に営業を再開し、今は町唯一の散髪屋だ。帰還した町民は一握りで、かつ…

この記事は有料記事です。

残り3435文字(全文3727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです