メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興断絶

東日本大震災6年半 つながりたい/2 再建補助、大槌に溝 「不公平感残る」

震災復興土地区画整理事業で地権者への土地引き渡しが終わっても更地が広がり、電柱ばかりが目立つ大槌町の町方地区=大槌町上町で2017年9月5日、中尾卓英撮影

 三陸沿岸に約1カ月ぶりの晴れ間がのぞいた8月23日、岩手県大槌町中心部の町方(まちかた)地区で、地鎮祭が行われた。2011年3月の東日本大震災前は町役場やJR大槌駅、病院などが集中したが、大津波と火災で壊滅した。仮設住宅自治会長、臼沢良一さん(68)は「誰かが先頭に立たなければ、戻ってくる人がいなくなる」と、電柱が林立する町に、いち早く自宅を再建する決意を語った。

 一方、同じ町方地区から内陸の同県遠野市に避難した大久保孝四郎さん(78)宅。小学生から高校生までの…

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです