メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

来月3日開幕、京都・国宝展 「縄文のビーナス」の美 作品切手付き前売り券発売中

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     京都国立博物館で10月3日に開幕する特別展覧会「国宝」に、「縄文のビーナス」として親しまれている土偶が登場します。

     日本の美の源流は縄文時代の造形に始まります。長野県茅野市の棚畑遺跡から出土した「縄文のビーナス」(茅野市尖石縄文考古館保管)は、1995(平成7)年に縄文時代の遺産としては初の国宝に指定されました。量感のある体つきは妊婦の姿を表しているといわれています。

     この「縄文のビーナス」をはじめ、出品される国宝のうち人気作品10点が切手になったグッズ付き前売り券(2500円)を好評販売中です。82円と62円の切手各5枚に作品解説付きの二つ折り台紙付き。先着1000セット限定で、残りわずかです。早めにお買い求めください。

     グッズ付き前売り券はセブンチケット、チケットぴあ(Pコード768-277)、ローソンチケット(Lコード52690)、CNプレイガイド、イープラスで10月2日(月)まで販売します(売り切れ次第終了)。なお、オリジナル切手は会期中、会場でのお渡しになります。

         ◇

     ◆特別展覧会「国宝」

     10月3日(火)~11月26日(日)。月曜休館(10月9日は開館、翌10日休館)。前売り料金は一般1300円、大学生1000円、高校生700円=当日料金は各200円増し。前売り券は主要プレイガイド、コンビニなどで販売中

     主催 毎日新聞社など

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]