メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

長谷川義史の世界展 高知であすまで

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     高知県立文学館で開催中の絵本原画展「いいから いいから~長谷川義史の世界展」が10日までとなりました。

     おおらかな筆遣いで子どもの姿や風景を描き出し、子どもの素朴な疑問や気持ちをテンポのいい文章で表現する長谷川さん。

     会場には、代表作の原画約80点のほか、制作の過程がわかる下絵や愛用の道具類も展示。「長谷川版かるた」や「長谷川版福笑い」を楽しめるコーナーや絵本に登場する長谷川家を再現したジオラマなどもあり、家族そろって「長谷川ワールド」をご堪能ください=写真は「いいから いいから」((C)長谷川義史/絵本館)。

     <会期>10日(日)まで。入館は9時~16時半<会場>高知県立文学館(高知市丸ノ内1、088・822・0231)<観覧料>500円、高校生以下無料

     主催 毎日新聞社、高知県立文学館

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]