メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

がれきの中、救出活動

 【サンパウロ山本太一】鉄筋がむき出しになる。崩れ落ちたコンクリートが散乱する。屋外に設置されたベッドでは負傷者の緊急治療が進められる。メキシコ南部沖の太平洋での地震から一夜明けた8日、被害が激しかった地域では、災害当局者や市民らが建物のがれきを取り除き、懸命の救出活動を続けた。いまだに多くの市民が下敷きになっているとみられ、被害がさらに拡大する恐れも出ている。

 30人以上が亡くなり、被害が最も深刻とみられる南部オアハカ州フチタン。ロイター通信などによると、市…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文761文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  5. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです