NASA

冥王星に「はやぶさ大地」 偉業たたえ命名

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
冥王星の地形に付けられた地名。白線に囲まれた部分が「Tombaugh Regio(トンボー領域)」。その右上に「Hayabusa Terra(はやぶさ大地)」、左上に「Voyager Terra(ボイジャー大地)」がある=米航空宇宙局提供
冥王星の地形に付けられた地名。白線に囲まれた部分が「Tombaugh Regio(トンボー領域)」。その右上に「Hayabusa Terra(はやぶさ大地)」、左上に「Voyager Terra(ボイジャー大地)」がある=米航空宇宙局提供

 米航空宇宙局(NASA)は7日、探査機ニューホライズンズが2015年に観測した冥王星の14カ所の地形に命名し、国際天文学連合(IAU)に承認されたと発表した。その一つに、日本の小惑星探査機「はやぶさ」の先駆的な偉業をたたえて「はやぶさ大地」という名前が付いた。

 ニューホライズンズは人類で初めて冥王星を詳細に観測した。ハート形の模様など、これまで知られていなかった冥王星の素顔が明らかになった。NASAのチームは探査後に地名のアイデアを公表していたが、正式に認められた。

 「はやぶさ大地」と名付けられたのは、冥王星を発見した米国人天文学者、クライド・トンボーにちなんで名付けられた「ハート」に見える部分(「トンボー領域」)の右上の広々とした地形。その左に広がる地形は、打ち上げから40年たった今も旅を続ける米惑星探査機ボイジャーにちなんだ「ボイジャー大地」と名付けられた。世界の宇宙開発史を代表する探査機と並ぶ位置に、はやぶさの名前が刻まれたことになる。NASAは、はや…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文718文字)

あわせて読みたい

注目の特集