メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

承諾殺人未遂

介護に疲れ果てた男性 今も自問自答

男性は、車椅子の妻とともにこの川辺を訪れ、心中を決意した=広島市中区で、山田尚弘撮影

 認知症を患う妻(92)と無理心中を図ったとして承諾殺人未遂罪に問われ、広島地裁で7月に執行猶予付きの有罪判決を受けた男性(78)が毎日新聞の取材に応じた。妻に症状が出始めた約2年前から一人で介護を続けて疲れ果て、妻に「死にたい」と言われたのを機に心中を決意したという男性。妻を死に追いやろうとした行為を深く悔やむ一方で、「どうすればよかったのか」と今も自問自答する日々という。【小山美砂】

 事件は今年4月12日夜、広島市中区の旧太田川で起きた。判決などによると、男性は認知症の妻との将来を…

この記事は有料記事です。

残り1874文字(全文2119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです