メキシコ

北朝鮮大使を追放 72時間以内、核実験に抗議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【サンパウロ山本太一】メキシコ政府は7日、北朝鮮の金炯吉(キム・ヒョンギル)駐メキシコ大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)として72時間以内に国外追放すると発表した。北朝鮮が3日に核実験を実施したことに抗議するもので、一連のミサイル発射や核実験を理由にした北朝鮮大使の追放は初めて。米国は外交関係を持つ中南米諸国に国交断絶を求めており、同様の措置は広がる可能性もある。

 メキシコ外務省は声明で「北朝鮮はここ数カ月、核実験や弾道ミサイル発射を続け、国際法や国連安保理決議に明確に違反している」と非難。3日に行われた6回目の核実験が過去最大規模だったことに触れ、「こうした活動は世界の平和や安全に極めて危険だ。日本や韓国のようなメキシコにとって重要な国に深刻な脅威が増している」と指摘した。さらに、北朝鮮による核・ミサイル開発を「絶対に拒否する」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文806文字)

あわせて読みたい

注目の特集