水俣病資料館

なぜかイチロー選手バット展示 その訳は…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滝下さん(右)からイチロー選手のバットを受け取る西田市長=熊本県水俣市で2017年8月10日、笠井光俊撮影
滝下さん(右)からイチロー選手のバットを受け取る西田市長=熊本県水俣市で2017年8月10日、笠井光俊撮影

 熊本県水俣市の市立水俣病資料館に米大リーグ・マーリンズのイチロー選手が練習で使ったバットが展示され、来館者が「なぜここに?」と小首をかしげている。

 バットは、胎児性水俣病患者らが2月に市内で県出身の演歌歌手、石川さゆりさんの公演を開催した際、知人のイチロー選手から預かったとして石川さんから贈られた…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集