がん治療薬

オプジーボ、胃がんにも拡大 保険適用へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

厚労省試算 薬価は1日換算で約3万9000円

 超高額のがん治療薬として知られる「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」について、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は8日、胃がんにも使えるようにすることを了承した。今月末にも正式承認され、保険が適用される。

 国内の胃がんの罹患(りかん)数は年間約13万2000人で、がんの中で2番目に多い。ただ、実際にオプジーボを使用できるのは、2種類の化学療法を行ったのに…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

ニュース特集