メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運転の84歳無職女性を書類送検

国立病院機構災害医療センターの敷地内で、歩道に乗り上げ2人死亡の事故を起こした乗用車=東京都立川市で2016年11月12日、本社ヘリから小出洋平撮影

警視庁立川署、自動車運転処罰法違反容疑で

 昨年11月に東京都立川市の病院敷地内で車が暴走し、はねられた男女2人が死亡した事故で、警視庁立川署は8日、車を運転していた国分寺市の無職女性(84)を自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で書類送検した。容疑を認めているという。

     送検容疑は昨年11月12日午後3時ごろ、立川市緑町の国立病院機構災害医療センター敷地内で車を急発進させ、小平市中島町、パート従業員、市川妙子さん(当時35歳)と八王子市犬目町、会社役員、安和竜洋さん(同39歳)をはねて死亡させたとしている。

     同署によると、女性は事故直後は「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と話していたが、衝突直前の走行状況を記録する車の「イベント・データ・レコーダー(EDR)」を解析した結果、ブレーキとアクセルを踏み間違えたことが判明した。【安藤いく子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…
    2. 上野パンダ 名前はシャンシャン(香香)
    3. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
    4. 改正刑法 女性から女性の性暴力置き去り
    5. 漫才協会 「U字工事」が真打ちに昇進 異例の早さで

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]