メキシコ沖地震

マグニチュード8.1に修正 26人死亡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【サンパウロ山本太一】米地質調査所(USGS)によると、メキシコ南西沖の太平洋で7日午後11時49分(日本時間8日午後1時49分)ごろ、マグニチュード(M)8.1の地震が発生した。ロイターによると、震源に近いメキシコ南部で少なくとも26人が死亡した。米ハワイの太平洋津波警報センターによると、メキシコ沿岸で0.7メートルの津波が確認された。

 メキシコ政府当局は1985年9月に首都メキシコ市で数千の建物が崩壊し、約1万人が死亡した地震の規模に匹敵する恐れがあると指摘している。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文548文字)

あわせて読みたい

ニュース特集