メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗議行動

反ヘイトSNS ツイッタージャパン本社前で

差別的投稿に対する監視や即時削除を求めてプラカードを掲げる抗議行動の参加者たち=東京都中央区京橋のツイッタージャパン本社前で2017年9月8日午後7時30分、松崎進撮影

 インターネットのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上の差別的投稿を削除するよう訴える団体が8日、東京都中央区のツイッタージャパン本社前で抗議行動を行った。

 特定の民族や人種への差別的な言動を繰り返す「ヘイトスピーチ」に反対する団体「東京・ノー・ヘイト」が主催し、約100人が参加した。

 参加者はヘイトスピーチを含むツイート画面のコピーを敷き詰めた歩道で、「差別ツイート 野放しやめて」「差別の道具になりたくない」「ヘイトスピーチは表現の自由にあたらない」などと書かれたプラカードを掲げ、差別的投稿に対する監視や即時削除を求めた。

 参加した女性は「SNSの中でツイッターは差別的な発言が特に多いように感じる。タイムラインに出て来ないようにしてほしい」などと話した。

 ツイッタージャパンはヘイトスピーチへの対応について、「日本法人を含めたTwitterの社員一同、皆さま同様に心を痛めており、Twitter上のツイートを放置するつもりはありません。技術でなおせる部分、人員を増やすべき部分など、機能、機能以外の社内のシステムや構成、利用者の皆さまへのコミュニケーションを、日本法人および本社を含めたさまざまなオフィスにて見直しを行っているところです」と説明している。【松崎進、後藤由耶】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 被害者や引退女優ら対象の作品削除窓口を開設
  2. 密輸 韓国人ツアーの女7人、X線で腹部に金塊 中部空港
  3. ジストシネマ伊賀上野 20年親しまれ、きょう閉館 /三重
  4. 米軍機タンク投棄 漁船まで200m 漁すべて中止 青森
  5. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]