法制審議会

離婚した夫婦間、子の引き渡し「間接強制」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民事執行法部会の中間試案のポイント
民事執行法部会の中間試案のポイント

民事執行法部会で中間試案 応じるまで毎日一定の制裁金

 裁判所による強制執行の改正を検討する法制審議会(法相の諮問機関)の民事執行法部会は8日、離婚した夫婦間で子を親権のある親に引き渡す際、直接的な強制執行に踏み切る前に、同居する親が応じるまで毎日一定の制裁金を支払わせる「間接強制」の導入を柱とした中間試案をとりまとめた。また、裁判で命じられた養育費や賠償金などを支払わない債務者対策として、裁判所が金融機関に債務者の預貯金口座の有無や残高を照会する仕組みも盛り込んだ。

 法務省は今月下旬から約1カ月間のパブリックコメント(意見公募)を実施する方針だ。その結果を踏まえ、部会は要綱案を作成して法相に答申。法務省は来年中の国会に民事執行法改正案の提出を目指す。

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1324文字)

あわせて読みたい

注目の特集