メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

「愛らしさにひとめぼれ」 支援物資で壁掛けタオル 「まけないぞう」手作り 矢巾の岩手医科大で販売 /岩手

愛情を込めた手作りの「まけないぞう」を販売する及川久美子さん(左)=矢巾町の岩手医科大矢巾キャンパスで

 東日本大震災の被災者たちが支援物資を使って製作した壁掛けタオル「まけないぞう」の販売が9日、矢巾町の岩手医科大矢巾キャンパスであった。大船渡市で被災し避難生活や闘病中も、ぞうに元気をもらったという大船渡市明神前の及川久美子さん(58)は、健康フェス来場者に笑顔で手渡した。

 あの日、自宅の1階天井までが津波と、須崎川を逆流したタグボートに襲われた。内陸部の同市立根町の宮田仮設団地に避難。お年寄りらを支える支援員を務めていた11年10月、神戸市の震災ボランティア団体・被災地NGO恊働センタースタッフ、増島智子さん(46)から、ぞうを紹介された。

 「愛らしさに、ひとめぼれでした」。針と糸が手放せなくなった。「一つ一つに心模様が映し出される。いとおしくて抱きしめた」。ボランティアに訪れた若者らへの手土産としても人気を博し、最後の一人として16年12月に仮設団地を出て、改修した自宅に戻ってからも作り続ける。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  3. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. ORICON NEWS 英文学者の外山滋比古さん死去 96歳、著書に『思考の整理学』

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです