展覧会

「tupera tupera」結成15年 体感、絵本の世界 横須賀美術館 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オープニングイベントで絵本の読み聞かせのライブをする「tupera tupera」の亀山さん(左)と中川さん
オープニングイベントで絵本の読み聞かせのライブをする「tupera tupera」の亀山さん(左)と中川さん

 絵本などを幅広く手がけるアーティスト、亀山達矢さんと中川敦子さんのユニット「tupera tupera(ツペラツペラ)の作品を集めた「ぼくとわたしとみんなのtupera tupera絵本の世界展」が9日、横須賀市の横須賀美術館で始まった。毎日新聞社と同館主催。11月5日まで。

 2人は2002年に布雑貨を展示、発売する活動を始め、その後切り絵、貼り絵の手法による絵本制作、イラストレーション、舞台美術などに活動の場を広げた。絵本では色鮮やかで斬新なデザインで、ユーモアのあふれる作品を次々に発表…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集