メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インタビュー

細野豪志衆院議員に聞く 新党、中身重視で議論 県議、地方議員との連携探りたい /静岡

 8月に民進党を離党した細野豪志衆院議員(静岡5区)が9日、毎日新聞の単独インタビューに応じた。政界再編の青写真や県内政治への影響など展望を聞いた。【井上知大】

 --前原誠司氏が民進党新代表に就任した。離党ではなく、自身が代表になって党を変えるという選択肢はなかったか?

 細野氏 私が離党したのは、安保法制をきっかけに、共産党との野党共闘や憲法について、民進党の考えに違和感を持ったから。この2年間、党内で大きな声をあげてきたつもり。でも、党内の議員の構成と、路線はもう変わらないと思った。仮に私が代表になっても、自分のやりたい方向に党を持って行くことは難しい。

 --前原新代表は、共産党などとの選挙協力の見直しを指示している。共鳴する部分もあると思うが?

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1477文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです