メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大塚切れ

100年 教訓生かす 来月1日、高槻でシンポ /大阪

工事中の決壊箇所=淀川資料館提供

 高槻町(現高槻市)などに甚大な被害をもたらした淀川の洪水「大塚切れ」から100年の節目を迎える10月1日、高槻市は高槻現代劇場(高槻市野見町)で、水害への備えについて考えるシンポジウムを開く。【加藤佑輔】

 大塚切れは、1917年10月1日、大冠村(現高槻市大塚町)の堤防が台風による連日の大雨で決壊したことで発生した淀川の洪水。濁流は右岸一帯に流れ込み、被災戸数は約1…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです