メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大塚切れ

100年 教訓生かす 来月1日、高槻でシンポ /大阪

工事中の決壊箇所=淀川資料館提供

 高槻町(現高槻市)などに甚大な被害をもたらした淀川の洪水「大塚切れ」から100年の節目を迎える10月1日、高槻市は高槻現代劇場(高槻市野見町)で、水害への備えについて考えるシンポジウムを開く。【加藤佑輔】

 大塚切れは、1917年10月1日、大冠村(現高槻市大塚町)の堤防が台風による連日の大雨で決壊したことで発生した淀川の洪水。濁流は右岸一帯に流れ込み、被災戸数は約1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです