メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外加計理事長、「虚偽情報」で謝罪 給与も自主返納
寄付

「小児がん」5000万円 渡辺さん別府市研究グループへ /大分

 「小児がんの子供たちを救って」と、別府市の渡辺勅允(ときまさ)さん(84)が、5000万円を日本小児がん研究グループ(JCCG)へ寄付した。9日、自宅を訪問した同グループの水谷修紀理事長らが感謝状や記念品を贈った。今回の寄付で、臨床研究が加速し、多種類ある小児がんだけではなく、大人の「希少がん」の治療向上にもつながると期待されている。【大島透】

 同グループによると、小児がんは年間2500人が発病し、子供の死因では「不慮の事故」に次いで2番目に…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文623文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 下関 市教委に「二枚舌」批判 講演会の後援巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]