メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄付

「小児がん」5000万円 渡辺さん別府市研究グループへ /大分

 「小児がんの子供たちを救って」と、別府市の渡辺勅允(ときまさ)さん(84)が、5000万円を日本小児がん研究グループ(JCCG)へ寄付した。9日、自宅を訪問した同グループの水谷修紀理事長らが感謝状や記念品を贈った。今回の寄付で、臨床研究が加速し、多種類ある小児がんだけではなく、大人の「希少がん」の治療向上にもつながると期待されている。【大島透】

 同グループによると、小児がんは年間2500人が発病し、子供の死因では「不慮の事故」に次いで2番目に…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです