メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

政治主導と官僚道=増田寛也・元総務相

=宮武祐希撮影

誠実に分担しているか

 政と官の関係はどうあるべきか。学校法人・加計(かけ)学園の獣医学部新設問題では「政治の介入で行政がゆがめられた」とか「官僚の萎縮と政権への迎合は、内閣人事局の設置で官邸が官庁の幹部人事を掌握したからだ」との批判がある。政治家の口出しをなるべく封じたいと願ってきた官僚には都合のよい批判だろうが、論点を整理する必要がある。

 憲法では、国民が選挙で選んだ国会議員が首相を指名し、首相が組閣した内閣が行政をつかさどると定める。…

この記事は有料記事です。

残り1546文字(全文1767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に
  5. KYB 免震改ざん タワーも原発施設も五輪会場も 「早く情報を」困惑拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです