メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

農の安全「GAP」で保証

精米部門で日本初のASIAGAPを取得した黒澤ファームの黒澤信彦社長(右)=山形県南陽市で

 2020年東京五輪・パラリンピックの食材調達要件となった農業生産工程管理(GAP)。国産農産物の輸出拡大や食品の安全への関心の高まりを背景に、取り組みが少しずつ進むが、取得した農場は約0・3%にとどまっている。

 ●五輪導入念頭に

 山形県南陽市の農業生産法人「黒澤ファーム」は4月、米(もみ、玄米、精米)で「JGAPアドバンス」を取得した。精米部門の認証は国内初。現制度の「ASIAGAP」に相当する。整然とした精米所の入り口には、衛生管理や作業手順を記した紙が張られ、年間を通じて室温は20度以下に設定されている。

 黒澤ファームの主力品種は料亭で好まれる高級ブランド「夢ごこち」。グループ全体では「つや姫」「ミルキ…

この記事は有料記事です。

残り1646文字(全文1954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです