メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・TOKIO城島

出会いに感謝 牛タンの思い出

 きょう9月10日は「牛タンの日」。「きゅう」「テン」の語呂合わせで、仙台牛たん振興会が2006年に制定したそうです。

 私の初牛タン経験は1986年の夏、ジャニー喜多川社長に焼き肉をごちそうになった時でした。テーブルに置かれた皿の薄っぺらい肉を見つめていると「牛の舌だヨ」と。当時15歳の茂少年は「あれだけ大きい牛なのに舌だけはこんなにも小さいんや!」と、ただただ驚くばかりでした。

 今となれば恥ずかしい過去ではございますが、初の東京での出会いは「食」以外にもありました。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです