メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『R帝国』 著者・中村文則さん

 ◆中村文則(なかむら・ふみのり)さん

 (中央公論新社・1728円)

戦時態勢の駆動原理に迫る

 「日本全体の右傾化への危機感から書いた。このまま行けば、悪夢が待っています」。平和や人権は大切だと口では言いながらも暴力と抑圧を志向する政治だけでなく、それを歓迎またはあきらめている人たちが念頭にある。人間の本質をえぐる純文学のやり方でもって「真実」を描く近未来小説をものした。

 島国の「大R帝国」が舞台。街には死角なく音声収集型防犯カメラがあり、権力は常に盗聴と盗撮をしている…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです