美術

かみさまがすまう森のアート展(佐賀県武雄市) CGと自然、共振の神秘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <日曜カルチャー>

 科学技術などのスペシャリスト集団「チームラボ」(猪子寿之代表)による夜間限定の「かみさまがすまう森のアート展」が、佐賀県武雄市の御船山楽園で開かれている。約50万平方メートルの広大な庭園に14作品が点在。最新のコンピューターグラフィックス(CG)技術を駆使したデジタルアートと、会場の自然が共振し、幻想的で、神秘に満ちた光景を現出させている。【渡辺亮一】

 ウルトラテクノロジスト集団を自称するチームラボは、プログラマー、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家、ウェブデザイナーら、さまざまな分野の専門家によって構成される。手がける仕事も、ウェブ、デザイン、舞台演出、プロダクト(製品、生産品)、映像制作など幅広い。台湾国立美術館での個展開催(2012年)が示すように、近年は美術界でも国際的に注目される存在になった。光を使ったアート表現は視覚的イン…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1189文字)

あわせて読みたい

注目の特集