メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

2次災害も 余震にハリケーン

 【サンパウロ山本太一】マグニチュード(M)8.1の大地震に7日深夜に見舞われたメキシコ南部では、被災者の生存率が大きく下がる72時間を前に9日も必死の救出活動が続いた。AP通信によると、死者数は8日段階で61人に達した。現地では余震に加え、メキシコ南部に強い雨をもたらすハリケーン「カティア」が上陸。地滑りなどによる2次災害の恐れもある。

 ペニャニエト大統領は8日、今回の地震の規模について「過去100年、メキシコで起きた中では最大」と指…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです