桐生9秒台

アフリカゾウとほぼ互角の速さ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桐生選手の最高速度と動物などのスピード比較
桐生選手の最高速度と動物などのスピード比較

 日本人初の9秒台に到達した桐生祥秀。どれだけ速いのか、動物や電車、歴代の名選手と比較した。

 桐生が10秒01をたたき出した2013年4月の織田記念国際のレースを日本陸連が分析したところ、最高速度は時速41.9キロ。18歳男子の50メートル走の平均速度(15年の文部科学省調査から算出)は24キロだ。

 野生動物ではキリンが時速50キロ、カンガルーが48キロ、アフリカゾウが40キ…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

あわせて読みたい

注目の特集