桐生9秒台

ケガ、不調乗り越え 大学最後の走りで快挙

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートル決勝、9秒98で優勝し、時計の前でポーズを取る桐生祥秀選手=福井運動公園陸上競技場で2017年9月9日、山崎一輝撮影
男子100メートル決勝、9秒98で優勝し、時計の前でポーズを取る桐生祥秀選手=福井運動公園陸上競技場で2017年9月9日、山崎一輝撮影

 日本陸上短距離界で待望された「9秒台」へついに突入した--。福井運動公園陸上競技場で9日行われた日本学生陸上対校選手権男子100メートル決勝で、桐生祥秀(よしひで)(21)=東洋大4年=が9秒98の日本新記録を樹立した。相次ぐ故障や苦難を乗り越えての快記録達成となった。

 今年6月の日本選手権。国内現役選手最速タイムの桐生は本命として臨んだが、まさかの4位に敗れ、8月のロンドン世界選手権の個人種目代表から外れた。傷心で1週間は練習に足が向かなかった。だが、しばらくして負けず嫌いの血が騒いだ。1日に50メートルを70本走る猛練習。「弱かったら、強くすればいいだけ。どんなにボロクソに言われようと、3年後(の東京五輪は)見とけよっていう方が大きい」と振り返る。

 それでも、男子400メートルリレー代表としてロンドン行きが決まり、本番で銅メダルを獲得。同選手権で左ハムストリングにけいれんを起こした影響で今大会直前は練習を積めなかったが、「悔しい思いで夏が終わったので、それがあったからこそ、夏にちょっと練習ができた」とトレーニングの蓄積の成果を強調した。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1308文字)

あわせて読みたい

注目の特集