桐生9秒台

学生最後、会心のレース 実は直前まで相談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートル決勝、9秒98で優勝し、時計を前にポーズを取る桐生祥秀選手=福井運動公園陸上競技場で2017年9月9日、山崎一輝撮影
男子100メートル決勝、9秒98で優勝し、時計を前にポーズを取る桐生祥秀選手=福井運動公園陸上競技場で2017年9月9日、山崎一輝撮影

 桐生は序盤こそスタートの得意な多田に先行されたものの、その差はわずか。前に出られても悪癖の力みが出ず、トップスピードに乗る早さは国内トップだけに、中盤からじわりと抜け出し、後半の減速も最小限に抑えた。今季急成長した1学年下のライバルも10秒07の自己ベストを出したが、それを圧倒。「多田君の調子も良かったと思うので、前半から飛ばした」と冷静に振り返った。

 実は棄権も視野に入れていた。決勝の約4時間前の200メートル予選に出場した後、今大会前、先月の世界選手権でけいれんを起こした左ハムストリングの状態に不安があり、100メートル決勝の2時間半後の400メートルリレーを優先しようと思った。4年間共に戦ったチームメートの思いを考えたのだった。だが、触診した後藤トレーナーから出たのは「ゴーサイン」。腹は決まった。東洋大のユニホームを着て最後の100メート…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集