メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌謡ルネサンス

民謡を広げるために/サビからガツンと=専門編集委員・川崎浩

民謡を広げるために

 民謡出身の演歌歌謡曲歌手は少なくない。だが、津軽三味線の全国大会で3年連続日本一などという経歴を持つ第一級の演奏家が歌手になった例は聞かない。浅野祥はその前例のない期待の星である。

 2007年に演奏家デビューし、あらゆるジャンルに挑戦するトップ演奏家になったが、16年1月「忠治が泣いている」で演歌デビュー。今年7月3作目「斎太郎(さいたら)月夜」(徳間)を発売した。

 「軸足は演奏家ですが、ずっと歌や言葉にあこがれてきた。民謡を広げるにも歌うのって役に立つと思う」と…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです