メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

堺市長選 告示 都構想舌戦ちぐはぐ 維新VS反維新、激しい批判応酬

堺市長選が告示され、(右)有権者に支持を訴える永藤英機氏=大阪府堺市北区で2017年9月10日、(左)街頭演説する竹山修身氏=大阪府堺市堺区で同日、いずれも川平愛撮影

 堺市長選が10日告示され、大阪第2の都市のかじ取り役を決める2週間の論戦が始まった。大阪維新の会公認の新人、永藤英機氏(41)と3選を目指す無所属現職、竹山修身氏(67)の一騎打ちは、4年ぶりに「維新」対「反維新」の全面対決となり、第一声から激しい批判合戦になった。一方で大阪都構想を巡る舌戦はかみ合わず、本来の政策論争もかすみがちだ。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです