メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松・大滝山

スズメバチか 登山者8人刺され、けが

 10日午後2時10分ごろ、高松市塩江町上西の県民いこいの森管理センター東約1.5キロの大滝山の登山道で、下山中の登山者8人がハチに刺されけがをし、病院に搬送されたと、消防を通じて香川県警高松南署に連絡があった。同署によると、8人は市内の登山クラブに所属する50~70代の男性1人、女性7人。いずれも軽傷で治療後、それぞれ帰宅したという。この日、クラブのメンバー計20人で午前9時ごろから山に登り、登山を終えて下山していた。ハチはスズメバチとみられる。【山中尚登】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ベルギー 工場火災でワッフル焼ける 首都ににおい充満
    2. おんなのしんぶん・TOKIO城島 出会いに感謝 男たちの真剣勝負
    3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    4. 外国船漂着 「北朝鮮から来た」秋田・由利本荘で8人保護
    5. 漫画で解説 PTA役員は罰ゲーム!?の巻

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]