メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

6年半 県内、依然196人不明 100人態勢で捜索 /福島

行方不明者の手がかりを探す警察官ら。手前にあるのはこの日見つかった壁掛け時計=浪江町請戸で11日

 東日本大震災から6年半となった11日、今も行方不明となっている人の捜索が、津波の被害を受けた県内の沿岸部8カ所で行われ、警察官ら約100人が海や陸で手がかりを探した。県内では震災で1614人が命を落とし、196人の行方が分かっていない。【岸慶太】

 津波で31人が行方不明になっている浪江町。東京電力福島第1原発の北約5キロにある請戸地区では、原発事故のためしばらく救助や行方不明者捜索ができず、行方不明者が多い。警察官や双葉広域消防本部職員ら計約60人が慰霊碑前で黙とうした後、請戸地区での捜索活動を始めた…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]