メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東・東北豪雨

常総水害2年 記念碑設置し黙とうささげ 安心、安全な地域づくり誓う /茨城

鬼怒川の堤防の決壊場所近くに設けられた記念碑を除幕する(右から)石井啓一・国土交通相、常総市の秋森二郎・三坂町上三坂地区区長、神達岳志市長ら=同市三坂町で

除幕式 国交相ら150人出席

 関東・東北豪雨(2015年)で鬼怒川の堤防が決壊してから10日で2年を迎えた。常総市三坂町上三坂地区の決壊場所近くには、記念碑が設けられ、除幕式には地元住民や、石井啓一国土交通相ら約150人が出席。犠牲者に黙とうをささげた後、神達岳志市長が「水害を教訓に安心、安全な地域をつくっていくと誓う」とあいさつした。

 記念碑は、同市が水害の記憶を継承するため、決壊場所の下流約200メートルの堤防上に設置。「決壊の跡…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文454文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです