メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東・東北豪雨

常総水害2年 記念碑設置し黙とうささげ 安心、安全な地域づくり誓う /茨城

鬼怒川の堤防の決壊場所近くに設けられた記念碑を除幕する(右から)石井啓一・国土交通相、常総市の秋森二郎・三坂町上三坂地区区長、神達岳志市長ら=同市三坂町で

除幕式 国交相ら150人出席

 関東・東北豪雨(2015年)で鬼怒川の堤防が決壊してから10日で2年を迎えた。常総市三坂町上三坂地区の決壊場所近くには、記念碑が設けられ、除幕式には地元住民や、石井啓一国土交通相ら約150人が出席。犠牲者に黙とうをささげた後、神達岳志市長が「水害を教訓に安心、安全な地域をつくっていくと誓う」とあいさつした。

 記念碑は、同市が水害の記憶を継承するため、決壊場所の下流約200メートルの堤防上に設置。「決壊の跡…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです