特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

栃木県立宇都宮女子高/5 混乱期にも西洋文化学ぶ 井村君江さん /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
井村君江さん
井村君江さん

 ◆比較文学者・井村君江さん=1949年度卒

 比較文学者で、「妖精研究」の第一人者として知られる井村君江さん(85)=1949年度卒=は、「宇都宮第一高等女学校」に入学。在学中に終戦を迎え、学制改革で宇都宮女子高に校名が変わった。戦中・戦後を同校で過ごし「変動の時代だった」と振り返る。その時代に同校で、西洋文化を学ぶきっかけを得た井村さん。「非常に文化を重んじる学校で、文学の知識は全部ここで得た。今の私があるのは女学校のおかげだと思っています」と語る。【野口麗子】

 女学校に入学したのは44年。戦争中で勤労動員も経験しました。戦争が終わると、まさに闇の時代から明るい時代へと変わりました。学制改革の時、大学に進学するなら(女学校だけで)卒業せずに高校に残った方がいいと周囲に言われ、私は実質6年間通いました。

この記事は有料記事です。

残り1931文字(全文2287文字)

あわせて読みたい

注目の特集