メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救命講習

命守って 聴覚障害者10人がAEDの扱い学ぶ 加東 /兵庫

手話通訳を介して救急隊員(左端)の説明を受ける参加者の男性(右端)=兵庫県加東市社の市社福祉センターで、待鳥航志撮影

 聴覚障害者を対象にした救命救急講習会が11日、加東市社の市社福祉センターで開かれた。聴覚障害者や健常者の約10人が、手話通訳を介して救急隊員の説明を受けた。

 手話講座で学んだ人と聴覚障害者らの交流拠点「さくらルーム」で実施。加東消防署の救急隊員2人が、目の前で人が倒れた際の対応を説明し、市社会福祉課の手話通訳士2人が手話で伝えた。

 同消防署によると、救急車が現場に到着するまでに約8分かかる。現場での応急処置の有無が生死を分けるこ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文490文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです