メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美作のサーキット死傷事故

部品、逆に取り付け オイル漏れ原因か /岡山

ゴムチューブとクランクケース(下部)の間に内圧コントロールバルブを取り付けることで、エンジンが軽く回るようになる=兵庫県内で、高橋祐貴撮影

 美作市滝宮の岡山国際サーキットで4月、大型オートバイが転倒して7人が死傷した事故で、オイル漏れを起こしたとみられる先行のオートバイのエンジンに通常とは逆向きで部品が取り付けられていたことが関係者への取材で分かった。部品を逆向きに付けて走行すると、エンジンオイルが漏れやすいとされる。県警はこのオートバイを押収して検証を進めるとともに、メーカーなどから事情を聴いて事故原因との関連を調べている。

 部品は「内圧コントロールバルブ」と呼ばれ、約10~15センチのアルミ製。オートバイの整備会社などに…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです