全国和牛能力共進会

肉牛の部、日本一守る 全9部門中3部門1位、団体賞は2位 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 仙台市で開かれている第11回全国和牛能力共進会(全共)宮城大会最終日の11日、県代表牛は肉質を競う肉牛の部で最高賞にあたる内閣総理大臣賞を受賞し「日本一」の称号を守った。県勢は10日までに全9部門中3部門で1位にあたる優等首席を獲得し、各部門の総合ポイントで競う団体賞では鹿児島に次いで2位となり、三連覇を逃した。【黒澤敬太郎】

 県勢の内閣総理大臣賞受賞は3大会連続で、大会史上初の快挙となった。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文655文字)

あわせて読みたい

注目の特集