メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年半

茨城から自主避難、今も続く苦悩 原発事故重く、遠い古里 /鹿児島

弁当を作る真鍋さんと佳代子さん

 東日本大震災から11日で6年半が経過した。東京電力福島第1原発事故に伴って避難生活を余儀なくされている人は、福島県内だけでも5万人以上いる。今後の暮らしはどうなるのか--。避難者には、今も原発事故が重くのしかかっている。【杣谷健太】

「獣臭く人のすみかじゃない」 福島県浪江町

 姶良市加治木町の住宅街にある「手作り惣菜・お弁当の店 まなべ」。9月上旬の時折激しい雨が降る昼過ぎ、注文の電話が鳴る狭い店舗の中で、店主の真鍋健二さん(59)と妻佳代子さん(49)が手際よく、弁当を作っていった。

 原発事故時に福島県の隣にある茨城県水戸市に住んでいた真鍋さんは2012年5月、被ばくを避けるため、…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです