メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 被災地から 福島の祭り、舞台で表現 「ロメオ」12月公演

稽古(けいこ)を終えたロメオパラディッソの菊田亜仁丸さん(左)らメンバー=福島市上名倉で

 東日本大震災と福島第1原発事故をきっかけに発足した福島市のパフォーマンス集団「ロメオパラディッソ」(ロメオ)が、12月に同市の夏祭り「福島わらじまつり」をモチーフにした劇を公演する。今年から2代目リーダーとなった菊田亜仁丸さん(31)は「ロメオ見たさに福島に来てもらえるくらい、感動させる舞台にする」と意気込む。【成田有佳】

 福島市の西方、吾妻連峰に向かって車を走らせる。果樹園の多い地域にある、かつて養蚕の作業場だったとい…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文938文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです