緩和ケア病棟

4割、家族内対立 「役割果たさぬ者がいる」「治療方針意見相違」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 緩和ケア病棟で最期を迎えたがん患者の遺族の4割以上が、患者への対応を巡って家族内の対立や不満を経験していたとの調査結果を、筑波大などの研究チームがまとめた。患者だけでなく、みとりが近付く家族への精神面への支援の重要性が改めて浮き彫りになった。国際精神腫瘍学会誌に掲載された。

 緩和ケア病棟は、治癒を目指す治療の継続が難しくなった患者を対象にした施設で、心身の痛みの除去を中心に行う。チームは2016年5~7月、国内71カ所で死亡したがん患者767人の遺族(20歳以上)に書面でアンケ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集