メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

花桃を咲かせる幹=酒井佐忠

 <花桃の木だから母をわれへ子へ次へ百年(ももとせ)継ぎてゆくべし>。中川佐和子の新歌集『花桃の木だから』(角川書店)の歌集名にとられた一首である。この歌の前にも、<母が何かいまだわからぬままなれどわが母の幹のつよさ見ており>という歌もある。花桃の木の幹は、すっくと真っすぐにつよく立っている。「母とは何か」といまだに自問しながらも、母から「われ」へ、さらに子に、百年つづく生命の不思議と「幹のつよさ」を作者は語る。

 中川は、歌誌「未来」選者、日本歌人クラブ中央幹事を務めるベテラン。個性的な感覚をもった河野愛子や近…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです