メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興断絶

東日本大震災6年半 つながりたい/4 福島米、店頭にあれば

福島産品のアンテナショップに並ぶ福島米=東京都中央区で、後藤由耶撮影

 うれしい「売り切れ」だった。東京都大田区の住宅街にあるスーパー。8月末、近くに住む会社員の矢吹正道さん(49)がいつものように米の売り場に立ち寄ると、福島県産のブランド米「天のつぶ」の在庫がなくなっていた。この店では1カ月前に30袋を入荷していた。「言い出しっぺとして、本当によかった」とほっとした。店が扱うきっかけは矢吹さん自身だったからだ。

 福島の米がいつまでも売れない。東京電力福島第1原発事故後、そのことがずっと気になってきた。福島米は…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです