メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興断絶

東日本大震災6年半 つながりたい/4 福島米、店頭にあれば

福島産品のアンテナショップに並ぶ福島米=東京都中央区で、後藤由耶撮影

 うれしい「売り切れ」だった。東京都大田区の住宅街にあるスーパー。8月末、近くに住む会社員の矢吹正道さん(49)がいつものように米の売り場に立ち寄ると、福島県産のブランド米「天のつぶ」の在庫がなくなっていた。この店では1カ月前に30袋を入荷していた。「言い出しっぺとして、本当によかった」とほっとした。店が扱うきっかけは矢吹さん自身だったからだ。

 福島の米がいつまでも売れない。東京電力福島第1原発事故後、そのことがずっと気になってきた。福島米は…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1624文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです