メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興断絶

東日本大震災6年半 つながりたい/4 福島米、店頭にあれば

福島産品のアンテナショップに並ぶ福島米=東京都中央区で、後藤由耶撮影

 うれしい「売り切れ」だった。東京都大田区の住宅街にあるスーパー。8月末、近くに住む会社員の矢吹正道さん(49)がいつものように米の売り場に立ち寄ると、福島県産のブランド米「天のつぶ」の在庫がなくなっていた。この店では1カ月前に30袋を入荷していた。「言い出しっぺとして、本当によかった」とほっとした。店が扱うきっかけは矢吹さん自身だったからだ。

 福島の米がいつまでも売れない。東京電力福島第1原発事故後、そのことがずっと気になってきた。福島米は…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1624文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]