メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興断絶

東日本大震災6年半 つながりたい/4 福島米、店頭にあれば

福島産品のアンテナショップに並ぶ福島米=東京都中央区で、後藤由耶撮影

 うれしい「売り切れ」だった。東京都大田区の住宅街にあるスーパー。8月末、近くに住む会社員の矢吹正道さん(49)がいつものように米の売り場に立ち寄ると、福島県産のブランド米「天のつぶ」の在庫がなくなっていた。この店では1カ月前に30袋を入荷していた。「言い出しっぺとして、本当によかった」とほっとした。店が扱うきっかけは矢吹さん自身だったからだ。

 福島の米がいつまでも売れない。東京電力福島第1原発事故後、そのことがずっと気になってきた。福島米は…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1624文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです