安保理

北朝鮮制裁決議、全会一致で採択 石油に上限

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】北朝鮮の6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会(15カ国)は11日夕(日本時間12日朝)、新たな制裁決議案を採決し、全会一致で採択した。北朝鮮への原油、石油精製品輸出に上限を設けることなどが柱で厳しい制裁に慎重だった中国とロシアも賛成した。北朝鮮に対する制裁決議は9回目。初めて石油を対象としたが、米国や日本が当初目指していた石油の全面禁輸は見送られた。

 3日の北朝鮮の核実験(現地時間)から1週間あまりという異例の早さでの決議採択となったが、北朝鮮の反発が予想される。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1011文字)

あわせて読みたい

注目の特集