メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住吉会

トップの西口総裁が死亡

 指定暴力団住吉会(本部・東京都港区)トップの西口茂男総裁(88)が12日未明、都内の病院で死亡したことが、警視庁などへの取材で分かった。病死とみられるという。

     同庁などによると、西口総裁は2002年に総裁に就任。傘下の組員らが起こした特殊詐欺事件を巡り、被害者から「使用者責任がある」として損害賠償を求める民事訴訟3件を東京地裁に起こされ、係争中だった。

     警察庁の資料によると、16年末時点の住吉会の構成員(準構成員を含む)は約6600人で、山口組に次ぐ全国2番目の規模。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. そこが聞きたい 慰安婦問題 日韓合意1年 元アジア女性基金専務理事・和田春樹氏
    2. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    3. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    4. 詐欺 女子高生を逮捕 100万円だまし取った容疑
    5. 韓国 「帝国の慰安婦」著者に有罪判決 1審の無罪破棄

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]