メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シロイルカ「ナック」はすごい 本当に人間並み

実験前に飼育員とコミュニケーションをとるシロイルカのナック=千葉県鴨川市の鴨川シーワールドで2017年9月11日、永山悦子撮影

鴨川シーワールド 愛嬌いっぱいの顔に会ってみた

 イルカに人間並みの言語能力があることが、村山司(つかさ)東海大教授らの研究で明らかになった。「実験に協力した鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)のシロイルカ、ナックに会いたい」と、太平洋を望む房総半島へ向かった。体長4メートル近いナックは推定32歳。愛嬌(あいきょう)いっぱいの顔をプールの水面に出し、飼育員が話す言葉を上手にまねたほか、言語能力を確かめるための物と記号、発音を結びつける実験を披露してくれた。【永山悦子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
  2. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
  3. 特集ワイド 「大義なき衆院解散」で失われるもの 議会制民主主義、本旨どこへ
  4. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
  5. 小池新党 「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]