メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都民ファースト

新代表に荒木氏 野田代表は辞任

荒木千陽氏

 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は11日、代表を務めていた都知事特別秘書の野田数(かずさ)氏が同日付で代表を退き、新代表に都議の荒木千陽(ちはる)氏が就任したと発表した。

 荒木氏は小池知事の衆院議員時代に公設第1秘書を務め、7月の都議選に都民ファースト公認で中野区から出馬し、初当選した。

 都民ファーストによると、野田氏が10日に「特別秘書職に専念したい」と辞意を示したため、11日に小池知事も出席した選考委員会が開かれた。小池知事の秘書として国政や都政の現場を見てきた経験や、女性活躍の観点などから荒木氏が選ばれたという。

 知事側近で都政の要職も務める野田氏が代表を務めることについては、二元代表制の観点から不適切との声もあったが、小池知事は「全員の顔を知っていて、他会派の幹部とも話ができるのは現時点では野田氏だ」と話していた。【円谷美晶】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  2. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星
  3. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  4. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
  5. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]