メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナスカの地上絵

山形の里芋畑に出現

里芋畑に描かれたハチドリ。佐藤卓弥さんがハチドリの中心部(中央)に立ち、ドローンを飛ばして上空から撮影した=佐藤さん提供

 南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」が山形市の里芋畑に出現し、地元農家の佐藤卓弥さん(43)がドローンで撮影した。有名な「ハチドリ」の図柄で、長さ約80メートル、幅約50メートルの実物大という。

 地上絵に関する世界最先端の研究機関が近くの山形大にあることにちなみ、佐藤さんが6月から準備。里芋の1…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです