メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小田急車両延焼

運転士、緊急停止理由を把握せず

屋根が炎上する小田急小田原線の電車=東京都渋谷区で2017年9月10日午後4時過ぎ(読者提供)

 東京都渋谷区で小田急小田原線沿いの建物から出火し、緊急停止した電車に延焼した10日の火災で、運転士が車外に出て目視で建物の火を確認するまで、緊急停止した理由を把握していなかったことが小田急電鉄への取材で分かった。電車は火炎が迫る中、現場に8分間停車しており、同社は運転士への情報伝達が適切だったかなど経緯を確認している。

 この火災を受け、国土交通省は同社に乗客の避難誘導方法や乗務員の対応に問題がなかったか検証するよう要請した。同省によると、沿線の火災が電車に延焼した事例は過去にないという。

 火災は同区代々木5のオザキボクシングジムから出火し、10日午後4時6分に近隣住民が119番した。同社などによると、5分後の同11分、警視庁代々木署員が線路側から消火作業をするためにボクシングジムから約40メートルの場所にある踏切の非常停止ボタンを押し、電車は自動ブレーキで火災現場脇に緊急停止した。

 消防から同社の運輸司令所に火災の一報が入ったのは同9分で、その後も電話でのやり取りが続いたため、緊急停止した時点で運転士に火災は知らされていなかった。運転士は停止した原因は踏切トラブルだと思って車外に出たが、その際にボクシングジムの火災に気付いたという。

 運転士は踏切の安全装置を解除し、線路内にいた消防隊員らの安全を確認したうえで、停止から8分後の同19分に電車を発進させた。その直後に近くの消防士から電車の屋根が燃えていることを知らされ、約120メートル進んだところで再び電車を停止させたという。乗客の避難完了は緊急停止から31分後の同42分だった。

 電車の車体はステンレス製で燃えないが、架線に流れる高圧電流を絶縁するため、屋根の一部をウレタン樹脂で覆っている。樹脂には難燃剤を混ぜているが、防火できなかった。

 小田急電鉄の社内規則では、踏切で非常停止ボタンが押されて電車が止まった場合、乗務員が電車から降りて踏切の安全を確認するよう定めている。また、沿線の火災を発見した時には、橋の上やトンネルなどを避けて停止するよう求めている。いずれの場合も速やかに運輸司令所に連絡し、対応について指示を仰ぐよう定めているという。【春増翔太、酒井祥宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  2. 大阪・寝屋川 画像診断で遺体確認 死体遺棄容疑で逮捕状
  3. 医師法違反 免許持たず医療行為 36歳男を逮捕 三重
  4. 大阪 「子供4人産み、家に遺体」中年女性が交番訪れ申告
  5. 日馬富士暴行 年内にも書類送検 傷害容疑で現場検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]